'20年代テレビ番組

私が女優になる日出演者まとめ

2021年4月17日(土)深夜0時58分からTBSで「私が女優になる日_TBSスター育成プロジェクト」がスタートしました。

「私が女優になる日_TBSスター育成プロジェクト」は芸能プロダクションの田辺エージェンシーと秋元康さんとTBSがタッグを組んで未来の女優を発掘するプロジェクトです。

2020年12月17日からオーディションを受付開始しており、満10歳~満19歳の女性なら誰でも応募可能。応募時に芸能プロダクションと契約を締結していない方などの条件があり、応募者約9000人の中から10名の合格者が選ばれました。

そしてこの10名がTBSのドラマ出演権をかけて演技バトル番組「私が女優になる日_」に出演します。

約3か月間にわたり毎週1対1の演技バトルが繰り広げられるとのことです。

審査員には秋元康さんのほか、ドラマ「半沢直樹」の監督の福澤克雄さん、「MIU404」「アンナチュラル」のプロデューサーの新井順子さん、「逃げ恥」のプロデューサーの宮﨑真佐子さんなどの早々たる方々が努めます。

合格者はプロジェクトで全面サポートして育てていくようですので、オーディションからドラマに出演している姿まで成長過程を一緒に追うことができるので感情移入もできますし、応援していく気になりますよね。

未来のスターがここから生まれると思うと今から楽しみです。

そこで今回は「私が女優になる日」に出演する10名の出演者について見ていきたいと思います。

「私が女優になる日」出演者

岡田里穗(おかだりほ)


岡田里穗さんは東京都出身の18歳で、趣味は鏡の前で1人で話すこと、特技はダンス、蝶蝶結び。憧れの女優には蒔田彩珠(まきた あじゅ)さんを挙げています。

高校の頃はダンス部に所属し全国大会にも出場しています。

女優オーディションに応募した理由は秋元康さんの「私ってなに?と思っているような人も応募してみて欲しい」というコメントを見てこれだなと思って自分の道が少し見えたような気がして自分を成長させたくて応募したとのことです。

合格時には「私は自分を成長させたくてこのオーディションに参加したんですけど、まさか選んでいただけると思ってなかったので、本当に嬉しいです。まだ不安や焦りでいっぱいですけど、いつか自分みたいな人を救えるような女優さんになりたいです」とコメントしていました。

渋谷風花(しぶたふうか)


渋谷風花さんは青森県出身の18歳で、趣味はスノボで、特技はドラム演奏。憧れの女優には多部未華子さんを挙げています。

自分で方言を直したいと言っていますが、青森訛りがかなり印象的です。

女優オーディションに応募した理由は人見知りの自分を変えたいと思って応募したそうです。また応募をクリックする時何回もためらったと話していました。

合格時には「生まれて初めてのオーディションは思っていたより何十倍も緊張しました。毎日ドキドキして夜が眠れなかったです。青森出身なので方言は直して行きたいと思ってるんですけど、なかなか直らないです」とコメントしていました。

飯沼愛(いいぬまあい)


飯沼愛さんは香川県出身の17歳で、趣味は読書、ギターで、特技はバスケットボールの3Pシュート。憧れの女優には橋本環奈さん、上白石萌音さんを挙げています。

最終選考では合格者で唯一制服を着ていたのが印象的でした。

合格時には「正直、自信がなかったんですけど、まわりのサポートがあったからこそここに立てていると思うので、感謝の気持ちを忘れずに精一杯がんばっていきたいです。新しい自分を見つけていけたらと楽しみです。」とコメントしていました。

武山瑠香(たけやまるか)


武山瑠香さんは東京都出身の14歳で、趣味は映画鑑賞で、特技は韓国語の歌を耳コピすること。憧れの女優には米倉涼子さんを挙げています。

6年間バレエに打ち込んでいましたが演技のオーディションは初めてだったとのことです。

合格時には「めちゃめちゃ大きい夢ですが、海外の映画に出られたらいいと思います。こういう役をやらせたら面白いと思ってもらえる役者になりたい。」と14歳とは思えないほどしっかりとしたコメントをしていました。

三浦涼菜(みうらすずな)


三浦涼菜さんは福岡県出身の17歳で、趣味は英語、中国語の語学勉強で、特技はアルトホルン。憧れの女優には森七菜さん、吉高由里子さんを挙げています。

オーディションでは流ちょうな中国語を披露していました。

合格時には「すごくうれしいです。ジャンルを問わずにたくさんの作品に出られる女優さんになりたいです。この人が出るドラマなら見たいと思えるような女優になりたい。私じゃない別人にいろんな作品を通してなっていきたい。」とコメントしていました。

高倉萌香(たかくらもえか)


高倉萌香さんは新潟県出身の19歳で、趣味は犬の散歩で、特技はピアノ。憧れの女優には森七菜さん、広瀬すずさんを挙げています。

昨年まで新潟を拠点とするNGT48のメンバーとして活動していました。

女優オーディションに応募した理由はもう一回試してみたい。チャレンジしてみたいと思ったのがきっかけ、新たな環境で自分の可能性にかけてみたい。と話していました。

合格時には「これ(合格)は嘘ですか? これから自分らしく、ナチュラルな演技ができるような女優さんになりたいなと思っています」とコメントしていました。

好きな食べ物はノルウェー産のさばらしいのですが、ちょっと変わっていますね。笑

出口真帆(でぐちまほ)


出口真帆さんは福岡県出身の13歳で、趣味は空を見ること、映画、音楽鑑賞で、特技はダンス、書道、神楽舞。憧れの女優には小松菜奈さんを挙げています。

今回の参加者の中で最年少の13歳です。
最終歌唱審査では歌っているとき声がふるえていたのが印象的でした。

合格時には「審査が終わった後にホッとして涙が出たくらい緊張してたんですけど、いまめちゃめちゃうれしいです。今日はいままでがんばってきたぶんを全部出し切ろうと思って、楽しんでやれました」とコメントしていました。

絶対女優になる!と並々ならぬ意気込みを述べていました。

高橋七海(たかはしななみ)


高橋七海さんは宮城県出身の16歳で、趣味はゲーム、読書で、特技はバスケットボール。憧れの女優には飯豊まりえさんを挙げています。

女優オーディションに応募した理由は東日本大震災を経験し人を元気づけられる女優になりたいからということです。

ゲームは荒野行動が好きだそうです。

合格時には「演技も未経験で、とても緊張しているんですけど、選んでいただいたからには自分らしさを忘れずに、楽しんでがんばりたいです。誰かを元気付けられるような女優さんになりたいので、これからも精進していきます」とコメントしていました。

赤穂華(あこうはな)


赤穂華さんは兵庫県出身の15歳で、趣味は音楽鑑賞、宝塚歌劇団鑑賞で、特技はバスケットボール。憧れの女優には長澤まさみさんを挙げています。

USJの年パスを持っているほどUSJに通っているそうです。

合格時には「この3カ月くらいずっと緊張してたのでホッとしました。ちょっと前のドラマですが『プロポーズ大作戦』が大好きなので、私も長澤まさみさんのような女優さんになりたいです」とコメントしていました。

肱岡加那美(ひじおかかなみ)


肱岡加那美さんは岐阜県出身の18歳で、趣味はミュージカル、ディズニープリンセスで、特技は歌、書道。憧れの女優には小松菜奈さん、石原さとみさんを挙げています。

10人のうち一番最後に名前が呼ばれ涙していたのが非常に印象的でした。

合格時には「素敵な方々がみんな呼ばれてて、自分は呼ばれないだろうなと思っていたので本当に本当にありがとうございます。愛される女優さんになるために、今日からまたスタートだと思って精一杯がんばります」とコメントしていました。

いかがでしたか?

「私が女優になる日」は深夜に放送されるため地域によってはTVで放送されない地域もあるかと思いますが、TverやParaviなどで見逃し配信があるものと思われます。

プロジェクトメンバーの紹介や演技をしているショートストーリーなどはYouTubeでも公開されていますのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

「私が女優になる日」はTBSで毎週土曜日深夜0時58分から放送です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です