芸能の話題

朝ドラをきっかけにブレイクした女優9選

2021年5月からNHK連続テレビ小説第104作目の「おかえりモネ」がスタートしました。

今回のヒロインは清原果耶さんです。
NHK朝の連続テレビ小説といえば、若手女優や俳優が売れるきっかけとなる登竜門にもなっていますよね。清原果耶さんのブレイクも楽しみです。

そこで今回は歴代の朝ドラのヒロイン104作の中から朝ドラをきっかけにブレイクした女優9選をお届けします。

朝ドラをきっかけにブレイクした女優

山口智子


山口智子さんは1988年の後期に放送された第41作目の「純ちゃんの応援歌」のヒロイン・小野純子を演じました。23歳の時にオーディションに応募し、ヒロインに合格しました。
「純ちゃんの応援歌」は山口智子さんの女優デビュー作品になります。
この作品で夫の唐沢寿明さんと初共演しています。

朝ドラ以降、日本テレビやTBS、フジテレビなど数々のトレンディードラマのヒロイン級の役柄を担当するなどブレイクを果たしました。

鈴木京香


鈴木京香さんは1991年にNHK連続テレビ小説30周年記念作品として1年間に渡り放送された第46作目の「君の名は」のヒロイン・氏家真知子を演じました。

鈴木京香さんは1989年に映画「愛と平成の色男」で女優デビューしましたが、「君の名は」のヒロインをきっかけに人気女優になりました。
以降、90年代は「王様のレストラン」などの三谷幸喜作品の常連にもなっていました。

戸田菜穂


戸田菜穂さんは1993年の前期に放送された第49作目の「ええにょぼ」のヒロイン・朝倉悠希を演じました。

戸田菜穂さんは高校2年生の1990年に『第15回 ホリプロタレントスカウトキャラバン』において、約3万4千人の応募者のなかからグランプリに選ばれ1991年に芸能界デビューしましたが、この「ええにょぼ」のヒロインをきっかけにブレイクを果たしました。

松嶋菜々子


松嶋菜々子さんは1996年の前期に放送された第54作目の「ひまわり」のヒロイン・南田のぞみを演じました。約2000人が参加したオーディションで見事ヒロインを勝ち取り、初のドラマの主演となりました。

松嶋菜々子さんは1994年から1995年にかけて「とんねるずのみなさんのおかげです」の中のコント「近未来警察072」にナナ隊員役として出演したりしていましたが、朝ドラ以降は女優としてのみ活動しています。

竹内結子


竹内結子さんは1999年の後期に放送された第61作目の「あすか」のヒロイン・宮本あすかを演じました。竹内結子さんは1995年に大蔵省のCMでデビューし、1996年には堂本光一さん主演のテレビドラマ 『新・木曜の怪談 Cyborg』でヒロイン役の女子高生で女優デビューしました。

以降もドラマや映画に出演していましたが、朝ドラ「あすか」をきっかけにブレイクを果たしドラマ「ランチの女王」映画「黄泉がえり」などヒット作品にも出演しましたが、2020年に亡くなっています。

国仲涼子


国仲涼子さんは2001年の前期に放送された第64作目の「ちゅらさん」のヒロイン・古波蔵恵里(こはぐらえり)を演じました。
「ちゅらさん」は朝ドラ初の沖縄が舞台で沖縄出身の国仲涼子さんが2084人の中からヒロインに選ばれ、第39回ゴールデン・アロー賞「放送新人賞」や第26回エランドール賞「新人賞」を受賞しました。

また、NHKがテレビ放送50周年を記念して2003年に行った「もう一度見たいあの番組リクエスト」の連続ドラマ部門で第1位に輝きました。「ちゅらさん」人気爆発によって沖縄ブームが起きたほど社会現象になりました。

石原さとみ


石原さとみさんは2003年の後期に放送された第69作目の「てるてる家族」のヒロイン・岩田冬子を演じました。石原さとみさんは応募者2036人のオーディションの中から選ばれました。放送開始当時は16歳で史上最年少のヒロインとなりました。

朝ドラの翌年には「WATER BOYS2」などにも出演し、現在の大活躍までに至ります。ちなみに民法のドラマの初主演作は2006年の『Ns’あおい』(ナースあおい)になります。

瀧本美織


瀧本美織さんは2010年の後期に放送された第83作目の「てっぱん」のヒロイン・村上あかりを演じました。瀧本美織さんは応募者1424人のオーディションの中から選ばれました。1990年代生まれとしては初の朝ドラヒロインとなりました。

瀧本美織さんは2003年にエイベックス所属のダンス&ボーカルユニット・SweetSのメンバーとして芸能界デビューしました。

グループ解散後は事務所を移籍し、2010年1月公開の映画『彼岸島』のオーディションでヒロイン役を獲得し、女優デビューを果たし、翌2月に「てっぱん」のヒロインに抜擢されました。

能年玲奈


能年玲奈さんは2013年の前期に放送された第88作目の「あまちゃん」のヒロイン・天野アキを演じました。能年玲奈さんは応募者1953人のオーディション中から選ばれました。
劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞し、第64回NHK紅白歌合戦では紅白PR大使を務め、「あまちゃん」“特別編”と題した企画ステージに出演しました。

能年玲奈さんは「あまちゃん」で東京ドラマアウォード2013主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞しました。
現在は芸名を「のん」に改名し女優活動をしています。「あまちゃん」は当チャンネルでもご紹介していますのでぜひ概要欄からご覧くださいね。

いかがでしたか?

今回はすべてはご紹介しきれませんでしたが、NHK連続テレビ小説の主演を演じた女優さんは現在でも活躍している人が多くいますね。

2021年5月からスタートした「おかえりモネ」のヒロインは清原果耶さんが演じます。
朝ドラ放送後の清原果耶さんの活躍も今から楽しみです。

また2021年後期に放送される「カムカムエヴリバディ」の主演は上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんがリレーする形でヒロインを演じることが発表されており、2022年の前期に放送される「ちむどんどん」のヒロインは沖縄出身の黒島結菜さんに決定しています。

こちらも今から楽しみですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です